部屋の中だけでなくて共同フロアや駐車場などもチェック

共有スペースの確認を怠らないで!

賃貸アパートや賃貸マンションを見学する際は室内だけでなく、住民が共有するロビーや郵便受け、ベランダ周辺などもチェックしておくことがおすすめです。共有スペースは基本的に管理人や管理会社が掃除などの手入れをしてくれますので、きれいな環境であれば定期的に掃除をしているといえます。いたるところにごみや枯れ木、枯葉などが散乱している場合はあまり管理が行き届いていないといえます。また郵便受けに鍵が設置されているかどうか、玄関に防犯カメラがあるかどうかなどの防犯対策も含めてチェックしておきましょう。また自然に発生したほこりや枯葉以外のごみがたくさん散乱している場合は現在住んでいる方のマナー意識が低いのでお勧めしません。せっかく住むなら綺麗で安心できる住宅に住みたいですよね。

駐車場の広さや出やすさもチェックしましょう。

自動車を所有している方は駐車場が借りられるかどうかもチェックしておきましょう。また、所有している自動車がきちんと入るかどうか、隣の車との距離感はどうか、出入りがしやすいかどうかなど、頻繁に運転をする人は確認しておくことが大事です。荷物の出し入れが多い方や、子供がいる方は隣接する車と狭ければ心配することも多くなりますので、自分の自動車を持ち込んでチェックしてもいいでしょう。また家賃に駐車場代が含まれるかどうかなども合わせて確認しておきましょう。基本的に一部屋1台分の駐車場を借りることが可能です。その為2台目を駐車したい方は近くの月極め駐車場などを探してみましょう。屋根付きなのか、平面駐車場がいいのか、立体駐車場でも大丈夫かなど好みもあるかと思いますので、借りる住宅と合わせて駐車場の確認も怠らないようにしておきましょう。