物件が見学出来ない場合は諦める

見学ができない理由って?

賃貸物件の殆どは見学をさせてもらうことが可能で、実際に中を見た上で判断することができます。しかし中には見学ができない物件もあります。パターンとしては、まだ建設途中の場合が挙げられ、仕上がっていないために入ることができません。完成予定日を教えてもらえるようなら、そのタイミングに合わせて見学申込みをするのも良いでしょう。入居中も見学不可の理由のひとつです。オーナー側としては空室を作りたくない考えを持っていますので、退去が決定した時点で入居募集が出されることがあるものの、まだ住んで人がいるために見せてはもらえないのです。掃除やリフォームが終わっていない時も見学NGになりがちと言えます。見せられる状態ではないため、作業が終わるまで見学はお預けというわけですね。

失敗回避のためにも諦めるのが無難

何かしらの理由で見学ができない場合でも、間取り図や写真を見られる場合もあるため、その情報を元に部屋を決めてしまう人もいます。しかしながら、実物をチェックせずに契約をするのは失敗のもとです。写真では良く見えたとしても、実際の部屋がそうとは限りませんし、古い写真が使われていることもあります。いざ入ってみると、汚かったり古さが気になったりすることもあり、後から見学をすれば良かったと後悔されることもあるのです。

足を運んでみないと分からない情報があるのも失敗に繋がる理由です。部屋の明るさや嫌なニオイの有無、設備の使いやすさなども重要である中、それらを確認することなく決めるのはリスキーと言えますよね。納得がいくまでリサーチをした上で決めた方が失敗しにくいはずですので、見学不可なら潔く諦めることも検討した方が良いかもしれませんね。